目指せ円満離婚!バレずに妻と離婚する4つの秘策

恋愛に限らずどんなことでも、男性よりも女性の方が感情的になりやすいものです。

夫に「離婚したい」と言われた時、気持ちを冷静にして「離婚した方が良いかどうか」と理論的に考えるよりも、離婚後の生活の不安、夫の裏切りへの怒り、失望の気持ちの方が大きくなってしまい、なかなか離婚を受け入れられないというのはよくある話。

特に、妻が専業主婦で離婚後の金銭的不安が大きい場合、離婚に同意してもらうまでに時間がかかるでしょう。

離婚話がドロ沼化するうちに妻の方が意地になり、「絶対に別れない!」と言い出したり、「別れるなら死ぬ!」なんて過激になってしまうかも。
出来る限り相手を刺激せず、不倫バレしないうちに円満に離婚する方法にはどのようなものがあるでしょうか?

離婚をするのにベストなタイミングとは?

不倫期間が長くなるほど「不倫バレ」のリスクは高まります。
妻が不倫に勘付く前に、出来るだけ早い時期に離婚するチャンスを探しましょう。

離婚しやすいベストなタイミングは、結婚してすぐの時期です。

結婚して1年以内なら、「結婚はしたけれど、自分が求めている生活ではなかった」とか「付き合っている間は気付かなかったが、一緒に暮らしてみて初めて性格の不一致に気付いた」と離婚を申し出ることが可能です。

結婚生活が長くなった夫婦は、相手を説得できる理由がある時に離婚を申し出ましょう。
長い間セックスレスが続いた時や、妻の金遣いの粗さが露呈した時、妻側の浮気や、家庭や妻への不満が溜まった時などがお勧めです。

夫婦関係が上手くいっている時期や、子供の受験前など、相手に「どうして今そんなことを言うの?」と不満を感じさせるタイミングに離婚を言い出しても上手くいきません。

ケンカが続いている時期や、夫婦間にトラブルがある時など、お互いの気持ちが離れていて離婚話をしやすいタイミングを見つけて下さいね。

離婚を切り出す前に下準備をしておく

いきなり「離婚したい」と言い出して、「はいそうですか」と離婚してもらえるはずがありません。
相手が離婚を受け入れやすいよう、準備を整えておきましょう。

離婚を申し出る時は、「何故離婚したいと思ったのか」ハッキリした理由を伝えなければいけません。
相手を納得させられる離婚理由をしっかり考えて下さいね。

また、慰謝料、財産分与、親権、慰謝料についてどうするのか、すぐ説明できるよう案をまとめておきましょう。

「離婚してもきちんと生活出来る保証」がなければ、妻は離婚を到底受け入れられませんから、住む場所、生活費をどう確保するのか、仕事はどうするのかなど、それぞれの離婚後の生活設計について考えておいて下さい。

離婚を切り出した後に「考える時間」を十分に与える

離婚したい理由を説明し、離婚後の生活について話しても、すぐに「じゃあ離婚しましょう」と言ってくれる妻はいません。
既に記入済の離婚届を用意し、自分の決意は固いことを示したうえで、相手の気持ちが固まるのを待ちましょう。

少なくとも、仕事と住む場所がなければ妻は離婚を決意出来ませんし、両親にどうやって説明すればいいのか?友達になんて言おう?子供との関係はどうなってしまうの?など心配事が沢山あるんです。

妻側の準備が整い、気持ちの整理がしっかりついて、離婚に向けて本格的に動き出せるようになるまでは半年から1年ほど待つ覚悟でいて下さい。

「今すぐ離婚したい」「なんでもいいからとにかく離婚して!」と駄々をこねると、「すぐに別れたい理由があるの?もしかして女?」と感づかれてしまうので注意して下さいね。

相手が離婚に納得してくれない場合は、「別居」を提案する

相手がどうしても離婚を受け入れてくれない場合は、とりあえず別居をすることを提案してみましょう。
別々に暮らしてみることで、お互いに離婚後の生活について具体的にイメージすることが出来るようになります。

自分にとって相手が本当に必要な存在なのか、夫婦関係を解消した後に自分達の生活はどういう風に変化するのか、心を落ち着けてじっくり考える良い機会になります。

「離婚」という将来に大きく関わる問題に対面すると人は感情的になってしまいがちですが、別居をすることで色んな人の話を聞いたり、1人で冷静になって考える時間を持つことが出来ます。

別々に暮らすことで、離婚に向けた心の準備が進みはじめるでしょう。
別居をきっかけに、離婚話が前向きに進み始める夫婦はとても多いです。
試してみて下さいね。

むすび

妻の気持ちや都合を無視して無理矢理離婚をしようとすると、不審に思った妻から必ず不倫を疑われます。
焦らず、円満離婚が出来るように落ち着いて行動しましょう。

子供が居る場合は特に、子供の気持ちにも配慮しつつ夫婦間でしっかり話し合ってから離婚しなければいけません。
離婚が成立するまでは気が重い作業ばかりが続くけれど、1つ1つこなしていくことで必ずゴールが近づいてきますよ。

大切な恋人との新しい幸せを手に入れる為なので、気合いを入れて頑張って下さいね。