不倫相手の既婚男性が恋人の家に入り浸る本当の理由

既婚男性と独身女性がお付き合いをする場合、デート場所として女性の家を利用することがあるでしょう。

たまのデートとして女性の家でくつろぐ時間を過ごすことは悪くないのですが、あまりにも頻繁に家デートを繰り返しているとなるとちょっと問題です。

恋人が家に来てくれるのは嬉しいけれど何が目的か分からなくて不安だったり、あまりに頻繁に入り浸るので少し迷惑に感じてしまう時がある、など悩んだことはありませんか?

既婚男性が恋人の家に入り浸りになるのには、いくつかの理由があります。

不倫相手の家に頻繁に出入りする既婚男性の本音をご紹介いたしますので、あなたの恋人は何を考えているのか、判断の参考にしてみて下さいね。

また、自宅外でのデートに誘う方法も、アドバイス致します。

妻に不倫がバレても平気!恋人と本当の意味で結ばれたい

例えばカップルの間に年齢差があって、周囲から見てあまりにも釣り合っていない場合や、男性が結婚指輪を着けたまま堂々と家に入り浸っていると、近所の人に不倫関係を勘付かれてしまうかもしれません。

なんの遠慮をすることも無く女性の家に出入りする男性は、不倫関係を隠すつもりがないのかもしれません。

いっそ妻に不倫相手の存在がバレてしまえば、恋人と堂々と付き合えるかもしれないと思っているのでしょう。

男性は離婚の覚悟を決めたり、不倫相手に本気で愛情を入れ込むようになると不倫バレに対する危機感が薄くなってしまいます。

本当に不倫相手と結ばれたいのであれば、妻を刺激しないよう、不倫の事実は最後まで隠すべきです。

もし不倫がバレてしまったら、女性も妻から慰謝料を請求されてしまう可能性があります。
家に通うことがきっかけで不倫バレすることのないよう、彼とよく話し合ってみて下さいね。

お金がかからない、ラブホ代わりに使っている

デートの度にセックスをしたい!と思っても、毎回ラブホテルを利用すると結構なお金がかかります。
お小遣いに余裕のない男性は、セックスする場所として女性の家を利用しています。

家に来るたびに毎回必ずセックスしたがったり、セックスに必要な道具を家に置きっぱなしにする、セックスが終わると部屋の片付けも手伝わずにそのまま帰る、などの特徴に当てはまる男性は、女性の家をラブホ代わりだと考えているのでしょう。

自分の大切な家をラブホ代わりに使われるのは、気持ちがモヤモヤしますよね。
家に通う様子を近所の誰かに見られると、不倫関係がいつか必ずバレてしまいます。

「たまには違う場所で会いたい」と彼を外に連れ出し、それとなく家に来ることを拒否しましょう。

彼にとってあなたの家が「理想の場所」になっている

綺麗に片付いている、ご飯が美味しい、優しい彼女が癒してくれる、等、居心地が良くて恋人の家から離れられなくなることもあります。

不倫相手の家を快適に感じるのは、恋人といつか夫婦になりたいと本気で考えるきっかけにもなります。
男性は自分の家庭の中に居づらさを感じていたり、家族の好みが自分と合わなくて違和感があるのかも。

彼と一緒に家デートをする時に、気持ちが通じ合い、夫婦になったような気分を味わうことが出来るのは、あなたと恋人の相性が抜群に良い証拠。

セックス無しでも家デートが成立する、家の中に居る彼が本当に嬉しそうでニコニコしている、リラックスしている、など、2人きりで癒しの時間を過ごせるカップルはこのパターンに当てはまります。

彼との結婚を一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

趣味の場所、暇つぶしの場所になっている

家の中に居場所が無い、かといってお小遣いが少なくてお金が無い既婚男性は、時間を潰す為に恋人の家に入り浸ります。

恋人の女性が動画配信サービスを利用していて、映画が沢山見られる、漫画や本が充実している、恋人が話し上手で、ずっと話していても飽きない、など快適過ぎる部屋は男性にとって暇をつぶすのにピッタリです。

「家に帰るくらいなら、恋人の家の方が居心地良いし、楽しい」と思っているのかもしれません。
さらに恋人が料理上手となれば、入り浸りたくなるのも仕方ありません。

残業が少なく、趣味がなく、しかし1人で遊ぶほどのお金を持っていない、時間を持て余し気味の男性ほど恋人に依存します。

ずっと家デートばかりでつまらないと感じるのであれば、彼と一緒に楽しめる趣味を探してみましょう。
2人で一緒に楽しめる遊びが見つかれば、あなたの家を出て外で楽しむ機会が増えるはずです。

むすび

女性は男性の気持ちを深読みしてアレコレ悩んでしまいがちですが、男性は女性ほど深く物事を考えてはいません。

あなたの家に入り浸るのは、結局のところ「居心地が良い」のが一番の理由で、愛されている証拠でもあります。

もし彼が頻繁に家に来すぎて迷惑なら、「近所の人に、『彼氏が来てるの?』って聞かれちゃったよ」「不倫ってバレたらまずいよね?」など、それとなく彼に不倫バレの危機感を感じさせてみましょう。

家の中ばかりでなく、様々な場所でのデートを楽しんで下さいね。