注意!男性が不倫相手から「貰って困った」バレンタインプレゼント

寂しいことに、不倫カップル達はバースデーやクリスマス等の、ロマンティックなイベント事には参加出来ません。
結婚後はどうしてもバースデーやクリスマスは家族行事になってしまい、不倫恋人と過ごすことは出来ないんです。

でも、バレンタインなら大丈夫!

バレンタインは家族のイベントにはなりにくいので、不倫デートの予定を入れてもOKです。
2人きりのデートを楽しんだり、愛情を込めたチョコレートを彼に渡すことが出来ますよ。

もし妻に何か聞かれても、「会社の仕事仲間から義理チョコをもらった」「取引先の女性から営業チョコを渡されたんだよ」と誤魔化すことが出来ちゃいます。

男性も、恋人から「本命チョコ」をもらいたいと絶対に期待しています。

でも、どんなチョコでも良いというわけではありません。

男性を困らせてしまうような「NGチョコ」を贈ってしまうと、折角のバレンタインイベントが台無しになってしまうかも。
男性を喜ばせることが出来る、素敵なチョコレートを選びましょう。

「本命」が伝わり過ぎる高級チョコレート

折角堂々と恋人にプレゼントを渡すことが出来るのだから、彼がビックリして喜ぶようなとっておきのチョコレートを渡したい!と思うでしょう。

誰しもが知っているような有名ブランドのチョコレートや、海外で活躍している高名なショコラティエのチョコを選びたくなるかもしれません。

でも、いかにも高そうな見た目の高級チョコレートは彼を困らせてしまいます。

「大好き!」というあなたの本命度や、「彼に良い物を贈りたい」という気持ちは伝わるけれど、受け取る男性にとってその気持ちは重すぎるんです。

高級なチョコレートを渡されると、「ホワイトデーのお返しに高価なものを期待されているようで憂鬱」と感じることも。

また、高級過ぎるチョコは自宅に持って帰った時に「義理チョコだよ」と言い訳が出来ません。

義理や営業アイテムにしては高価過ぎるチョコを見て、「これって、本命チョコでしょ?誰から貰ったの?」と妻に怪しまれてしまいます。

メリットが少なすぎるので、高級過ぎるチョコレートは買わない様にしましょう。

気持ちが重すぎる手作りチョコレート

バレンタイン前になると、チョコレートを使ったスイーツのレシピや、簡単にチョコのお菓子を作れる手作りキットなんかが沢山紹介されますよね。

初心者でも簡単にチョコのお菓子が作れちゃいますし、「手作りチョコ」を渡して、彼をビックリさせたい!と思うかもしれませんが、手料理が得意で毎日お弁当を作って持参しているとか、お菓子作りが趣味で普段のデートからしょっちゅう彼に手作りお菓子をプレゼントしている、という女性以外は、バレンタインに手作りチョコを贈るのは止めておいた方が良いでしょう。

信頼出来る女性からならともかく、それまでほとんど「手料理」を振る舞ってくれたことが無い女性から、いきなり「手作りチョコ」を渡されると、男性はどうしても不安になってしまいます。

口の中に入れるものなので、「清潔に作ってくれたかな?」「変な物を混ぜてないよね?」と警戒せずにはいられないんです。

手作りチョコは「本命度」が最も高いチョコなので、家族に浮気を疑われてしまいます。

手作りチョコをプレゼントするのであれば、デートの途中で渡し、その場で食べもらいましょう。
家に持って帰ってもらうのであれば、高級過ぎない市販のものがお勧めです。

「ご家族にもどうぞ」ファミリーサイズチョコ

相手の家庭にお子さんが居る場合、「子供さんにも」と気を遣って、チョコレートの詰め合わせをプレゼントしたいと思うかもしれません。

「家族にも気を遣える、出来る女」というアピールをしたいのかもしれませんし、「ほんの少し、さり気なく、私という存在を彼の家族に気付かせたい」という意図があるのかもしれません。

どちらにせよ、男性にとってみれば余計なお世話ですし迷惑です。
不倫相手である女性には、自分の家族に一切関わって欲しくないのが男性の本音。

そうでなくても、大きなサイズのチョコレートは嵩張って、持ち帰るのが大変です。
彼の家族のこと等余計なことは考えず、彼に喜んでもらえるものを心を込めて選びましょう。

チョコやプレゼントよりも、シチュエーションに拘った方が喜ばれる!

高級チョコや手作りチョコは迷惑ですが、どこかで見かけたような、コンビニチョコでは物足りない気持ちがしますし、「今、適当に選んで買って来ました」という雰囲気が出ていてがっかりしてしまいます。

理想は、高級過ぎない、少しお高めのチョコです。
美しく、高級感のあるパッケージを選ぶと「センスが良い」と思ってもらえますよ。

どんなチョコレートを渡すかは大切ですが、思い出に残る素敵なバレンタインにする為には、「チョコレートを渡すシチュエーション」はもっと大事です。

当たり前ですが、他の人がいる場所で渡すのはNG。
2人きりの瞬間を狙い、持ち歩きの事を考えて、帰る直前に渡しましょう。
伝えたいことがある場合は、チョコを渡す時に言葉にして伝えましょう。
メッセージカードは持ち帰ると家族に見られる危険性がありますし、かと言って捨てるわけにもいかないので彼を困らせてしまいます。

むすび

バレンタインデーにチョコレートを渡す時の鉄則は、相手にお返しを期待しないこと。
あくまで自分の真心を彼に伝える為のイベントなのだと思って下さい。

甘いものが苦手、チョコレートが苦手、という男性には、チョコレート以外の物をプレゼントしましょう。
ハンカチや文房具等、普段から使える小物がお勧めです。

バレンタイン時期はどこのお店も男性向けの可愛いプレゼントアイテムを沢山揃えるので、チェックしてみて下さいね。
バレンタインは恋人達にとって大切なイベントです。
お互いの思い出に残る、素敵なプレゼントを贈って下さいね。