独身女性を幸せにする「エモい」不倫って?

「このバンドの新曲、エモい!」「桜吹雪、エモさしかない」「スーツからの私服!マジでエモい」

インターネットでよく見かけるこの言葉、正しく理解出来ていますか?

今、「エモい不倫」に憧れる若い女性が急増中。

10代後半から20代前半の女性は、割り切ったクールな不倫よりも、エモい不倫を求めています。
若い女性が理想としているエモい不倫とは、どんなものでしょうか。

そもそも「エモい」ってどういう意味?

「エモい」とは、英単語の「emotional」が元になっています。

感情が強く動かされ、心に響いた物事や、もの悲しくて切ない気分になった時、情緒的な感情になった時など、「上手く言葉には出来ないけれど、心にグッときた」という意味です。

「ヤバい」と似ていますが、「ヤバい」とは違って、「とても良い」と感じたポジティブな場合にのみ使われます。

「言葉にしにくい感情」であるのが大きな特徴で、若者が「エモい」と言った時は、「心に響いた」「凄く気に入って大切にしたい」と感じています。

それでは、若い女性が不倫をしていて「エモい」と感じる瞬間についてご紹介します。

LINEや電話ばかりで、なかなかデート出来ない

不倫恋愛はお互いのスケジュールを調整するのが大変です。

既婚男性は気まぐれに外出することが出来ませんし、帰宅がいつもより2~3時間遅れて「何をしていたの?」と妻に聞かれた時の答えをいちいち考えなければいけないからです。

折角お付き合いが始まったのに、なかなかデートが出来ない、連休中は家族サービスばかりで不倫相手に会えない、となると普通であればストレスが溜まったり、「つまらない」と感じるもの。

しかし、若い女性にとっては恋人になかなか会えないじれったさを「エモい」と感じることがあるのです。

LINEで沢山「会いたいね」「あなたに触りたいよ」とラブラブなメッセージを送りあったり、家族の目を盗んで10分でも5分でも電話をしてほんの少しだけ相手の声を聞くなど、「会えない切なさ」「禁断の恋ゆえの宿命」を背負う時、胸が熱くなります。

文字やほんの一瞬のやり取りだけで相手の事を思いやる関係に、深いエモさを感じます。

奥さんに2人の関係がバレそうでバレない

家庭に不倫バレしそうになるのは、不倫カップル達が最も恐れるところです。
しかし、積極的に不倫恋愛を楽しもうとする女性にとっては、そのピンチすらエモい!

電話の途中で奥さんが近づいて来て、慌てて通話を切る直前に小声で「愛してる」と囁いたり、ペアアクセサリーを家族に見られて「貰い物で、深い意味はない」と無理矢理に誤魔化したり、冷や汗が出そうなシチュエーションに興奮するんです。

「もし奥さんにバレたらどうする?」「私と奥さん、どっちを選ぶの?」なんて会話も、「禁断の恋の象徴」というエモさがあってドキドキします。

セックスが気持ち良くて、心も体も離れられない

2人の関係が「恋愛」である以上、肉体ではなく精神的な繋がりを大切にしたいもの。
でも、不倫セックスの特別な気持ち良さは他とは比べ物になりません。

愛しい恋人と抱き合っている時に「ねえ、奥さんとどっちが気持ちイイ?」「奥さんとはこんなエッチ出来ないでしょ?」なんて微笑まれたら、男性も「超エモい!!」と感じるのでは?

特別なセックスをしてくれる相手とは、体だけではなく心も離れられなくなります。

不倫や浮気が複雑に絡み合ったややこしい人間関係

妻持ちの男性としては、不倫とはいえ関係は出来るだけシンプルであって欲しいですよね。
家庭と恋愛は完全に切り離し、それぞれ独立していて欲しいと思うはず。

しかし、不倫恋愛にエモさを求める女性は、不倫関係が複雑であればあるほど、胸をときめかせます。
例えば、男性と社内不倫関係にあり、奥さんも以前はその職場に勤めていた女性で、LINEやFacebookで今でも繋がっている。

または、不倫の恋人である彼の子供が、自分が勤めている幼稚園に通っている、等々。
男性の頭が痛くなりそうな複雑なシチュエーションほど、女性にとっては胸がざわざわするエモさがあるんです。

人間関係が複雑であっても楽しめるというのは、ポジティブ女性の強みでしょう。

真剣に恋愛成就を目指し、彼に離婚を求めるガチ恋

不倫恋愛は、恋心が強ければ強い程苦しむことになります。
彼がすぐに離婚を決意し、実行できる人であるなら良いのですが、ほとんどの不倫は離婚が成立するまでに長い時間がかかるからです。

不倫にエモさを求めている女性が理想にしているのは、そんな辛くてじれったい恋です。

「早く離婚して欲しい」「彼と結婚したい」と強く望み、その為に2人で努力する時間こそが最高に愛情に溢れ、エモい時間なんです。

「今日も妻と離婚の話をしたよ」「早く2人で一緒に住みたいね」と少しずつ「略奪成功」に近付く実感が、超エモいんです。

むすび

40代、50代の男性からしてみると、若い女性が使う言葉は意味不明で、何を感がているのか分からないと感じるでしょう。
「エモい」というのは、言い換えれば「情緒がある」ということ。

日本人は昔から、散る桜の様子や、四季の移ろいなど、情緒を大切にしてきました。

今の若い女性達も、同じように情緒を大切にしていて、その心の動きを表現するのに「エモい」と言っているんです。

「分からないから、付き合えない」と諦めるのではなく、是非若者の「エモい」感性を大切にして、心に響く不倫をして下さいね。