「好きになった方が負け」は本当?片思い不倫が成就しにくい理由

「惚れた弱み」というものは本当に厄介です。

大好きな人に微笑みながらお願いされたり、困ったように頼まれたりすると、「相手に嫌われたくない」「これをきっかけにより親しい関係になりたい」と感じ、自分の気持ちを上手く伝えられなくなったり、何でも男性の言う事を聞いてあげたくなってしまいます。

片思いの不倫恋愛を成就したくても、つい相手の言いなりになってしまって自分のペースで恋愛が出来ず、上手くいきません。
相手に尽し、好きになってもらう為の努力をしているはずなのに、なかなか効果が感じられないんです。

こんなに好きなのに、両思いになれないのはどうしてでしょうか?

「惚れた弱み」を克服して、片思いの恋を叶えるにはどうしたら良いのでしょうか。

好きになった方が負けなのは、なんで?

「好きになった方が負けだからなぁ」と思ってしまうのは、相手との恋愛が上手くいかない時や、好き過ぎて相手に逆らえない様になり、なかなか片思いが実らない時です。

「両思いになりたい」という気持ちが強くなりすぎると、盲目的に相手の事を愛してしまい、冷静さを失くして相手のダメところが見えなくなってしまいます。

相手の我儘を何でも受け入れ過ぎて、自分の正直な気持ちを伝えられなくて空回りし続けるので、いつまで経っても恋愛は発展しません。

どれだけ頑張っても彼との関係は進展しないのに、「嫌われたくない」という緊張感だけがずっと強くて、プレッシャーを感じ過ぎて疲れてしまうんです。

「好きになった方が負け」なのは、自分の気持ちが相手に振り回されてしまっているという自覚があるのに、それ以上どうしようも無く、恋愛をそれ以上進められない「行き止まり」の状況になってしまうからです。

自分にできない、無理な事をしてしまう

相手の事を好き過ぎて「負け」じなってしまう人の特徴は、無理をしすぎることにあります。
自分が相手の事を好きだと思う以上に、相手にも自分の事を好きになってもらいたい!という気持ちが強すぎて、自分に出来ない無理をしようとしてしまうんです。

しかし恋愛は、無茶をしても上手くいかないし、長続きしません。

無理をして相手の我儘を受け入れたり、無茶をして尽し続けても、やがて「恋しい」よりも「辛い」という感情の方が強くなり、恋愛を楽しめなくなってしまうんです。

また、自分の為に無理な事をする女性を見て、男性は「何でも言う事を聞いてくれる女性」だと、女性を支配下に置くことが出来たと感じるようになります。

男性は、自分の事を好きになってくれている女性を、それ以上わざわざ追いかけることはしません。
彼の恋愛スイッチは入らないのに、女性だけが頑張り続け、2人の心は永遠にすれ違ったままになってしまいます。

恋愛にはバランスが大切

既婚男性は、「相手に全くその気がない」「脈なしだな」と思っている間は、女性にアピールすることはありません。

かと言って、「あの子は俺に惚れていて、何でも言う事を聞いてくれる」と確信している女性と、改めて恋愛をする気にもなれないものです。

既婚男性は、ちょっとしたスリルと駆け引きがあった方が恋愛を始めやすいんです。

「もしかして、俺のことが好きなのかな?」「ひょっとして、脈ありなのかな?」と匂わせるくらいの方が、確実に恋愛に繋がります。

「惚れた弱み」につけ込まれることなく、平等な立場で恋愛を進められるよう、バランスを大切にしましょう。

片思いの間は男性に夢中になり過ぎない事、「好き」を態度に出し過ぎないことを心掛けて下さいね。

片思いを両思いに発展させるコツ

もし、あなたの感情が彼にダダ漏れで、既に「好きになった方が負け」の状況に陥ってしまって真剣なお付き合いに発展しづらいと感じている場合は、一度、彼とわざと距離を取って、お互いの気持ちを冷ます必要があるでしょう。

これまで彼に「好きアピール」をしていたあなたが、突然冷たい態度を取り始めたら、何があったのか彼は気にせずにはいられません。

今までよりももっとあなたの事を知りたい、と思うようになるでしょう。

「彼女は自分のことを好きなの?」と思わせる意味深な態度を取るのが、両思いになる為のコツです。

近付いたり離れたり、恋の駆け引きをすることで彼の気持ちを揺さぶってみて下さい。
恋のスリルを演出して、既婚男性をドキドキワクワクさせてあげて下さいね。

むすび

「好きになった方が負け」という状況になってしまうのは、好きになった人にはとことん尽したい、彼好みの女になりたい、と感じる、「尽したがり」で面倒見が良い女性に多いものです。

相手好みの女になろうとするのではなく、あなたらしい魅力を彼に好きになってもらう為の努力をしてみましょう。

好きな人からのお願いでも、受け入れられない時はハッキリNOと断る勇気を持たなければいけません。
彼一筋になり過ぎないよう、適度に他の男性と遊ぶのもお勧めです。

心のバランスを上手くとりながら、恋愛成就を目指しましょう。