指名No1キャバ嬢から学ぶ!既婚男性との距離が縮まる「聞きテク」

恋愛に限らず、親しくなりたい人と距離を縮める時は「トークスキル」を上げるのが最も効果的です。
誰だって、喋っていて楽しい、自分のことを理解してくれる、と感じる相手とは、一緒に居たいものです。

例え相手の見た目や性格が好みでなかったとしても、「話していて楽しい相手」のことは好きにならずにはいられません。
しかし、好きな人と楽しくお喋りをしたいと思いながらも「既婚男性と何を喋れば良いのか分からない」「どんな話をすれば場が盛り上がるのか、分からない」と悩む女性は多いもの。

でも実は、本当に大切なのは、話すより「聞く」こと。
既婚男性にモテる、特別なトークスキルを持っていると言えばやはり「キャバ嬢」です。
彼女達が身に着けている「聞きテク」を真似して、既婚男性との距離を縮めちゃいましょう。

稼げるキャバ嬢はとにかく「聞き上手」

女性は、「好きな人と沢山お喋りしたい!自分の話を彼に沢山聞いて欲しい」と思うかもしれませんが、そもそも男性は、女性の話を聞いているよりも自分の話をする方が圧倒的に好きです。
稼げるキャバ嬢は、聞く:話すの割合が8:2と言われています。

男性に話し掛けている時間よりも、男性の話を聞いている時間の方が圧倒的に長いんです。
キャバ嬢が男性の心を得るのは、お客さんに沢山お喋りをさせて、相手を良い気分にさせることが出来るからです。

気持ちよく話をすることが出来た男性はお店で過ごした時間に満足するし、自分の話を良く聞いてくれた女性に親しみと信頼を感じます。
男性と一緒に居る間で重要なのは、喋るよりも聞くこと。

お喋りをするのが苦手でも、聞くテクニックさえ掴めば、男心を掴むことは出来ちゃいます。

話のキッカケ作りをして、後はひたすら「聞く」

相手の話を聞く為には、何でもいいから話してもらう必要があります。
彼が喋り始める為のキッカケ作りをしましょう。
相手に気持ちよくお喋りをしてもらう為に、話しやすい話題を振ってあげて下さい。

彼が好きな事や、以前聞いた話の続きがお勧めです。
「今日の仕事どうでした?」「最近いいことありました?」など、漠然とした質問は答えにくいので、「先週のゴルフ、スコアはどうだったんですか?」「この前、旅行に行ったって言っていましたが、何か美味しい物を食べましたか?」と、相手が確実に答えられると分かっている話題を振りましょう。

相手の話が始まったら、後は場を盛り上げ、相手が喋りやすい空気を作るだけです。

相手が喋りやすい空気作り

周りがうるさい、他人の目がある、など、リラックス出来ない状況では既婚男性は喋りにくいもの。
お喋りをしたい時や、相手の話を聞くためにデートをする時は、静かで、彼が落ち着ける場所を選びましょう。

相手の話を聞く時は、あたな自身の「姿勢」をきちんとしなければいけません。
例えば、片手にスマホを持ったまま、彼にそっぽを向いて「さあ、好きな事を喋って!」なんて言うのはダメ。

身体ごと相手の方を向き、少し前のめりになって「話を聞かせて欲しい」という態度を見せましょう。
相手が話し始めたら、適当なタイミングで頷き、「それで?」「どうなったの?」と相槌を打って話の続きを促して下さい。

相手が「何を話したいのか」を掴み、たまに質問すると、彼の話はもっと盛り上がるはずです。

「表情」さえ作っておけば、頭の中は適当でもいい

「適当に相槌を打って」「タイミングよく質問を」と言っても、初めてではなかなか上手くいきません。
でも実は、完璧な相槌を打てないどころか、彼が何を喋っているのかきちんと理解していなくても、あなたが自分の「表情」さえちゃんと作っておけば、彼のお喋りは勝手にどんどん進んでいくはず。

彼が楽しい話をしていたらニコニコする、真剣な話をしていたら真面目な顔で頷く、悲しい話をしていたら泣きそうな顔をする、それだけでいいんです。
あなたの頭の中は相手に見えていないし、相槌は彼の印象には残らないけれど、話している間にあなたが見せている「表情」は良く観察されています。

あなたの顔を見て、相手は「どんな風に話を聞いているのか」「自分のお喋りに興味を持ってくれているのか」「彼女は何を考えているのか」を考えます。
お喋りの間の表情づくりはとっても大事なんです。

相手の話を「つまらない」「退屈」だと感じる時でも、表情だけでもちゃんと作って、彼に気持ちよくお喋りをさせてあげて下さいね。

むすび

男性の話を聞く時に大切なことで、意外に女性が出来ていないのが「リラックスした態度を取る」ということ。
「上手に聞かなきゃ!」とか「沈黙の時間を作っちゃいけない!」と焦ったりそわそわした様子で居ると、会話に集中していないと思われてしまいます。

「話がつまらないのかな?」と彼に思われてしまうので、話を聞いている間は、ゆったりした気持ちと態度でいるように心掛けましょう。
ずっと視線を合わせていると相手が緊張してしまうので、たまに目を合わせるくらいにしておいて下さい。

聞き上手になって、彼のハートをぐっと掴んで下さいね。