不倫で悩むのは当たり前!既婚者への片思いの悩みを解決する方法

不倫恋愛で辛さを感じた時、誰しもが「だから不倫は嫌なんだ」「不倫なんかしてるから、幸せになれないんだ」と、自分の恋愛が上手くいかない理由を、自分や相手ではなく「不倫」という言葉に押し付けてしまいます。

誰のせいにもせず、不倫なんだから仕方ないんだと思うことで怒りや悲しみのやり場を見つけようとしてるのかもしれませんが、「幸せになれないのは不倫のせい」だと思っている限り、永遠に不倫を楽しめません。

不倫だから辛いのではなく、片思いの恋が切なくて苦しいのは当たり前です。
さらにどちらかが既婚者となれば、悩みが多くなってしまうのも当然のこと。

恋愛は2人でするものですし、誰でも経験することなのですから、自分だけが特別に悲しくて辛い思いをしているだなんて考えて、悲劇のヒロインになってはダメ。
心の辛さを1つずつ解消して、片思いの恋を叶えましょう。

焦らずに、時間をかけて相手と接するように心掛ける

既婚者への片思いが盛り上がると、「とにかく早く付き合いたい!」「相手をデートに誘って、2人きりになりたい」と思うでしょう。

しかし既婚者に対してすぐに結果を求めてしまうのは、恋愛で失敗する人にありがちな悪い癖です。
「自分がこんなに相手の事を好きだと思っているんだから、向こうも私の事を好きになってくれるはず」「不倫恋愛に、向こうも興味を持ってくれているはず」等と、相手に期待し過ぎているのかも。

残念ですが、既婚者が相手である場合、恋の状況は急には変わりません。
既婚者への片思いをする時に安心して良いのは、ライバルが出現しにくいという点です。
時間がかかってしまうことは諦めて、急がずに、ゆっくりでも確実に相手と親しくなる方法を探しましょう。

例えば、相手にその気がないのに、焦ってしつこく恋愛アピールをすると逆効果!
うっとうしいと思われて、嫌われてしまいます。
相手の反応を良く観察しながら、じっくりと恋愛を進めて下さいね。

相手の気持ちを察する癖をつける

既婚者に片思いをしている間、なかなか恋愛が進まないのは、お互いに「本音でのやり取り」が出来ない事が理由の一つにあります。
お互いに「不倫恋愛」に対する疑問と不安があり、相手を信用したり好きになったりするまでに時間がかかります。

その間、イライラして自分勝手に思い込むと「自分だけが辛い」「不倫恋愛は上手くいかない」「冷たくされている気がする」とネガティブな感情に支配されてしまいます。
既婚者が家族以外の人を好きになるのに、躊躇ったり戸惑ってしまうのは仕方のない事。

相手が安心して恋愛が出来るように、相手は今何を考えているのか?自分の事をどう思っているのか?仕事が忙しい?家族とトラブルを抱えていない?等、相手が今どんな気持ちなのか、何を求めているのかを察するように心掛けましょう。

独りよがりになることなく、相手の気持ちに寄り添いながら、少しずつ親しくなりましょう。

「好きで居ることに意味がある」と言い聞かせる

片思い中、告白しようかどうしようかと悩む時、「フラれてしまったらどうしよう」という心配は大きなストレスになるでしょう。

「絶対に両思いになりたい!」とか「1度でもいいから、彼に抱かれたい」等と思い詰めてしまうと、心にプレッシャーがかかり続けてしまうばかりです。
無理に両思いになろうとするのではなく、沢山の人間の中から彼と出会い、好きになれたことをまずは喜びましょう。

もし恋が叶わなくても、彼と気持ちを許し合い、尊敬し合える関係になることが出来れば、それであなたと彼は特別な縁で結ばれたことになるはずです。
結果ばかりを求め過ぎず、「楽しくお喋りが出来た」「一緒に食事が出来た」という小さな幸せを噛みしめながら片思い期間を楽しんで下さいね。

どうしても辛い時は、恋愛を休憩して心を休ませる

既婚者への片思いが叶うまでに時間がかかってしまうと、好きで居続けることに疲れてしまうこともあるでしょう。

そんな時は一旦、相手へ好意をアピールしたり、片思いを叶える為の努力をすることをお休みしましょう。
片思い中は、好きな相手に振り回されてしまうことを一番辛いと感じます。

「私がこんなに好きなのに、ちっとも彼に振り向いてもらえない」
「どれだけ頑張っていても、素っ気ない態度ばかり取られてしまって切ない」など、相手が自分の事をどう思っているかに集中し過ぎて、一喜一憂すると心が疲れてしまうんです。

片思いを休憩して、想い人以外の異性と遊んだり、自分の為に時間とお金を思いっきり使ってみて下さい。
片思いが上手くいかない分、やりたいことをやって自分の希望を叶えることで、心を癒すことが出来ます。

むすび

既婚者へ片思いをしながら、切なさややりきれなさを溜めこんでしまって「もう辛い、やめたい」と思う瞬間は何度もあるでしょう。
でも、苦しい、辛い思いをしてしまうのは、それほど相手のことが好きだという証拠でもあります。

愛しさと一緒に、辛さも苦しさも、胸の中に湧いてくる感情を素直に受け止めながら、「片思い期間」を堪能して下さい。
どんな恋愛でも、焦るのが一番ダメなんです。
焦らずに、少しずつ2人の気持ちを盛り上げて、チャンスを見つけた時に告白しましょう。