不倫中の彼氏との生エッチのメリットとデメリット12つ

恋人達にとって、セックスは大切なコミュニケーション方法です。
言葉にしようとすると照れてしまって上手く愛情を伝えられない、という人も素肌で優しく恋人を抱きしめることで精いっぱいの愛を表現出来ますし、なかなかデートをする時間がなくてイライラしたり悲しくなったりしていた恋人達も、セックスをして大きな快感を感じることでその切なさを埋めあうことが出来るでしょう。

 

どうせセックスをするのであれば、邪魔なゴム越しではなく、相手のものを「直に」体内で感じたいと思うのは自然なことです。

 

しかし生エッチには、メリットとデメリットがあります。
生エッチのメリットだけではなくデメリットもしっかり理解し、出来るだけ安心して生エッチをするように工夫をしてみて下さいね。

 

「女性を妊娠させてしまうかもしれない」というスリルで男性が興奮する

まずは、生エッチをすることで得られるメリットをご紹介致します。
コンドームを着けずに、男性のペニスを「生」で挿入する時は「妊娠」を意識せずにはいられません。
不倫カップル達にとって、妊娠はご法度!

 

女性の妊娠をきっかけに2人の関係は終わってしまうかもしれないし、家族に不倫バレしてして絶体絶命のピンチになってしまうかもしれません。

 

しかし人間は、「絶対にやっちゃダメ!」と言われるとかえってやりたくなってしまうもの。
「彼女を妊娠させてしまうかもしれない」というスリルが逆に男性を興奮させるし、セックスに夢中にさせるんです。

 

「ゴム越し」ではなく、直接触れ合っているという幸福感


男性は生エッチをすることで興奮を感じますが、女性はさらに「幸福感」「安心感」を得ることが出来ます。
2人を隔てるものは何もなく、体内に恋人のペニスが「生」で入ってくる感覚は、なんとも言えず幸せな気分になるものです。

 

「妊娠するかもしれないと分かっていながら、それでも生で挿入したくなるほど、彼は自分に夢中なんだ」と考えることで、自分の恋愛が充実していることを実感します。

 

不倫相手と生エッチをするというのは、それだけ相手のことを必死に愛しているという証拠でもあります。

 

女性に向かって発射することで、「征服感」を味わえる

生エッチは多くの場合そのまま中出しをするか、女性の体に発射することでフィニッシュを迎えます。
男性にとっては、この「女性に向かって発射する」という行為がとても興奮するものなんです。

 

自分の性欲を女性の体で満たし、さらに精液で女性の体を汚す、というのは、まるで女性のすべてを自分の支配物にしたような、たまらない征服感です。

 

自分の精液でドロドロに汚れた恋人の体を見ると興奮する、というのは、Sっ気が多い男性に特に多い特徴です。

 

子孫を残す、という本能的な欲求が満たされ、満足する

男性が持っている強い性欲は、「自分の子孫を残したい」という本能的な欲求に紐づいています。
女性とセックスをするのは、勿論相手のことを愛しているからこそではありますが、根底には子孫を残したいという動物的な欲求があるんです。

 

生エッチは、そんな男性の一番奥底にある欲求を満足させてくれます
だからこそ、男性は生エッチをさせてくれた女性のことをより身近に感じ、強い執着を持つようになります。

 

生エッチをすることで愛されていると実感する


男女ともに、どうでもよい不倫相手や、信用することも愛することも出来ない相手とは生エッチをすることはありません。
コンドームを着けずにエッチをするというのは、相手を信用している証拠です。

 

1度でも生エッチをすれば、「妊娠したら、責任を取って!」などと女性に言われたり、最悪の場合「妊娠詐欺」にあう可能性を持っています。

 

不倫カップルが生エッチをするのは、お互いに確かな信頼関係があり、もし万が一妊娠しても2人で責任を取っていこうという覚悟の現れです。
生エッチをすることで、カップルとしての絆をより強く感じることが出来るでしょう。

 

コンドームを装着する手間が省かれて、スムーズに挿入出来る

コンドームなしでエッチをするというのは、実は雰囲気を出すために非常に役に立ちます
心を込めて愛撫をし、女性の膣が十分に濡れたところでいざ挿入…という流れが通常だとは思いますが、コンドームを使用する場合、男女ともに挿入したいと思ったタイミングで、コンドームを装着するためにいったんエッチが中断することになります。

 

男性がコンドームを装着するのを待っている間、なんとなく所在なさげだったり、少しずつ興奮が冷めてしまう、という女性も多いのでは?

 

コンドームを着ける手間がなければ、お互いの感情が盛り上がった一番タイミングで、スムーズに挿入を行うことが出来ます♪

 

相手の性器に直接触れ合うことでエッチな気分が高まる

男性の性器に直接触れ、それを可愛がってあげたことがありますか?
なんとなく恥ずかしくてあまり触れなかったり、既婚男性のソレに触れるのが気が引けてしまう、という女性も多いのではないでしょうか。

 

挿入の時もコンドームを着けていては、女性が男性の性器に触れる機会が極端に少なくなってしまいます。

 

最初から最後までコンドームを着けず、沢山男性の性器に触って、「生」の感触を良く楽しんでみて下さい。
お互いにエッチな気分が高まり、いつもより気持ちの良いエッチが出来るはずです。

 

妊娠のリスクがある


ここからは、生エッチのデメリットについて説明します。
生エッチの一番のデメリットは、やはり妊娠のリスクがあるということですよね。
気持ちが盛り上がり過ぎてつい勢いのまま生エッチをしてしまい、後になって「もし妊娠していたらどうしよう」とビクビクしてしまった経験が、あなたにもきっとあるはずです。

 

独身同士であれば妊娠をきっかけに結婚を考えることも出来ますが、不倫カップル達はそうはいきません。
「妊娠するかもしれない」というリスクは、常に意識しておきましょう。

 

生理中の生エッチは性病にかかりやすい

女性の体の仕組みとして、生理期間中は生エッチをして中出ししても妊娠することはありません。

 

しかし、だからと言って「生エッチのチャンスだ!」と単純には思わないこと。
生理中の女性の膣は、とてもデリケートな状態です。
生理中にペニスで膣内をこすられて細かい傷がつくと、そこから菌が侵入する可能性があります。
もし男性が性病にかかっていたら、感染するリスクが非常に高くなるんです。

 

生理中は女性の体を気遣い、セックス以外の方法でコミュニケーションをとるようにしましょう。

 

望まない生エッチは女性の感度を下げる

生エッチをすることについて、男女ともに納得出来ていればよいのですが、もし男性の我儘に負けて女性が嫌々生エッチに応じるようなことがあると、メリットよりもデメリットの方が圧倒的に大きくなります。

 

女性がセックス中にイライラしてしまって感度が下がり、気持ちの良いセックスは出来ませんし、生エッチをすることで妊娠してしまうことへの不安、嫌がることを強要してくる男性への不信感で、お付き合いも上手くいかなくなってしまいます。

 

生エッチをしたことがきっかけで、2人の関係が悪い方に変わってしまうかもしれません。

 

「もし妊娠したら…」という心配でセックスに集中できない

生エッチは気持ちよいものですが、やはりコンドームをしていないことによる性病感染のリスク、何より「妊娠してしまうかもしれない」という不安は、女性から集中力を奪います。

 

男性が挿入している間も、「今は妊娠しやすい時期?危険日はいつ?」「もし子供が出来たら、彼は責任を取ってくれるの?」なんてことばかり考えてしまうんです。

 

気持ち良いセックスをするために、お互いが安心してセックスに夢中になれる環境を作ることが大切です。

 

発射後の精子の処理が面倒


コンドームなしでセックスをしている間は気持ち良くても、男性が射精をした後にハッと我に返ってしまうことがあります。

 

中出しした後、精子が漏れてきてベッドが汚れるので、すぐに処理しなければいけません。
膣内ではなくいわゆる「外出し」をした場合でも、精子をそのままにしておくわけにはいきません。

 

そそくさと精子の片づけをしている時間はなんとなく居心地が悪いもの。
セックスの後はゆっくりしていたいのに…と思っている人は、面倒だと感じるでしょう。

 

望まない妊娠はNO!生エッチは二人でよく話し合ってから

恋人とイチャイチャしていたら、なんとなくエッチなムードに…「今日ゴム持ってないけど、イイよね?」と聞かれたり、何の相談もなしにいきなり生エッチをされそうになった時。

 

恋人に嫌われるのが怖かったり、雰囲気を悪くしたくないと思って、つい生エッチを受け入れてしまう女性は多いものです。
しかし、女性の覚悟が決まらないうちになんとなく「生エッチ」をしてしまうと、後で必ず彼に対する不信や不満が生まれます。
「妊娠するかもしれない」という恐怖は、次の生理が来るまでという長い間、女性に大きなストレスを与えるんです。

 

生エッチをする前はカップルでよく話し合い、お互いが納得してからするようにしましょう♪

 

生エッチをしたい不倫カップルにお勧め♪低用量ピルという避妊法

それでもやっぱり、生でエッチしたい!とことんまでセックスを楽しみたい!という女性は、コンドームに頼らない避妊方法を試してみましょう。

 

お勧めは低用量ピルです。
ピルを飲むと排卵が抑えられ、望まない妊娠を避けることが出来ます。
ピルは避妊だけではなく、生理痛や生理不順などの治療に使われる、上手に使えば女性にとってメリットの多いお薬です。

 

しかし薬である以上副作用があったり、ピルの服用を避けた方が良い人もいますので、医師と良く相談してから使用を開始しましょう。

 

おわりに

恋人と自分を何にもさえぎられることなく、「生」でするエッチには、快感だけではなく「恋人と本当の意味で結ばれた」と感じる特別な感動もありますよね。

 

「生エッチをして、恋人とより深い関係になりたい!」と思うのは純愛ではありますが、生エッチにはリスクやデメリットがあることも十分に理解しておきましょう。

 

どちらかが嫌な思いをするエッチをしてはダメ!
2人ともが安心と幸せを感じられるような、素敵な生エッチをしましょう♪

 

★おすすめの占い★

 

不倫相手があなたに望んでいることを占いましょう

 

不倫相手が嘘ばかりつく理由とは?

 

【独身女性限定】不倫相手の子どもを妊娠。私どうすべき?

 

不倫占い一覧