「泥沼の地獄」不倫主婦が行き着く不幸のどん底とは?

不倫恋愛に対して、「甘くて切ない」「2人で力を合わせて乗り越える」「スリルのある禁断の恋」という、ドラマや映画のようなイメージを持っている人が多いと思います。

勿論、楽しい事や沢山愛情を感じられる幸せな瞬間も多いのですが、不倫恋愛は一歩間違うと大事故になってしまうこともあるんです!
特に主婦は、不倫恋愛に夢中になり過ぎると周囲や家族を巻き込んでのどん底不倫をしてしまうこともあります。

主婦の「泥沼不倫」はどのような展開があるのでしょうか?
不倫主婦が行き着く不幸のどん底とはどのようなものがあるのかをご紹介します。

最後に、主婦が不倫恋愛で不幸にならない為のポイントもお教えいたしますので、是非最後まで読んで下さいね。

子供を妊娠!どっちの子供か確定出来ない地獄!

不倫恋愛中に一番「地獄!」と思ってしまうのは、自分一人ではどうしようも無い問題に直面してしまった時です。

主婦が最も「ヤバい!」と思うのは、子供を妊娠した時でしょう。
セックスをした時期が夫と不倫相手とで完璧にズレていて、生理日も把握しており、妊娠した子供がどちらの子供なのかちゃんと分かるのであれば、まだ子供の父親と話し合うことが出来るのですが、夫と恋人、同時にセックスをしていて、お腹の中の子供がどちらか分からない!となると、これはもう地獄です。

望まない妊娠をしないように、しっかり避妊するように心掛けましょう。

恋人がストーカー化、家族に執拗に付きまとわれる恐怖

家族を大事にしたい主婦にとって、不倫の恋人に必要以上にプライベートに関わられるのは迷惑です。
しかし、不倫恋愛は恋人に対して依存しやすい関係で、お付き合い期間が長くなるほど相手と離れられなくなってしまいがち。

適切な距離感で付き合っていたはずの恋人が暴走し、自分に対してストーカー行為をしたり、家族に嫌がらせをし始める事もあります。
恋人が無茶な行動に出ないよう、不倫恋愛中は恋人の心を上手くコントロールして、2人に相応しい距離感をキープして下さいね。

別れたくても別れられない、依存と執着のW不倫

主婦が永遠に不倫をするのは難しいことです。
相手や自分に新しい家族が出来たタイミングや、もっと家族に尽したいと思うようになったことがきっかけで、少しずつ不倫相手との別れを決意します。

しかし、W不倫の場合は「相手と別れなければいけないタイミング」を掴みづらくて、「そろそろ別れなきゃいけない頃だ」と頭では理解出来ていても、心を決めることが出来ません。

ズルズルと付き合い続けてしまううちに相手に依存し、止めたくても止められなくなるんです。

夫に不倫バレ!相手を呼び出して血の気が引く尋問

自分に不倫相手がいることが夫にバレたらどうなるの?と不安に思っている人は多いでしょう。

妻に不倫相手が居ることを知った夫は、まず間違いなく相手を呼び出して、自分の妻と夫を「尋問」します。
いつから付き合っている?何度デートした?セックスは何回やった?どんな風に付き合っていた?など、夫にはとても話したくないような質問を延々とされてしまいます。

不倫の事実を夫に話さなければいけないのはとても苦痛で、恥ずかしく、嫌な思いがするものです。

子供に不倫バレ!超絶嫌われて親子仲が崩壊

不倫をしていることが夫にバレるのがまずいのは勿論ですが、子供に知られるともっと不幸になるかもしれません。

子供は、自分と血が繋がっている一生大切にしたい特別な存在のはずです。
自分の母親が不倫恋愛をしていると知ると、繊細な年頃の子供は酷くショックを受けます。

大好きだった母親が家族を裏切っていると知って、許せない気持ちになるでしょう。
子供から嫌われ、親子仲が崩壊してしまうのはとても悲しいことです。

不倫成就からの再びの浮気、不倫!人間不信は一生治らない

不倫をする主婦の中には、「夫とは離婚し、不倫相手と再婚して幸せになる」と心を決めている人もいるでしょう。

しかし、不倫相手と結婚しさえすれば必ず幸せになれるはず!と期待し過ぎると不幸になってしまうかもしれません。
一度、浮気や不倫を経験した人にとって、不倫のハードルはかなり低いものになります。

略奪愛に成功しても、また不倫を繰り返してしまうんです。
折角、家族と離婚までして恋人と結ばれたのに、不倫を繰り返されてしまうなんて…とガッカリしてしまいます。

不倫をすることの罪悪感で苦しみ過ぎて体を壊した

不倫恋愛は楽しいし、恋人と一緒にいることにこの上ない幸せを感じることが出来ますが、やはり家族と向き合う時はどうしても罪悪感が沸いてしまいます。
大切にしなければいけない家族を裏切っていることに、どうしようもないプレッシャーや不安を感じてしまうんです。

あまりに思い詰め過ぎて食事を摂れなくなってしまったり、眠れなくなるなどして体調を崩してしまう主婦がいます。

W不倫が相手の家族にバレた!謝罪文、慰謝料、最悪の展開!

主婦が不倫をする相手は、同じ家庭持ちがお勧めです。
お互いに家族を尊重し、依存し過ぎないお付き合いを心掛けることが出来るからです。

泥沼になってしまうのは、彼とのお付き合いが相手の家族にバレてしまった時!
自分の夫が他の女と浮気をしていると知って、冷静でいられる妻は居ません。

不倫相手女性に対して、謝罪文や多額の慰謝料などを要求してくるでしょう。
相手の妻にしつこく責められて、この世の地獄のような気持ちになります。

主婦仲間に不倫デートを見られた!ご近所中で噂になってもう暮らせない

息抜きに付き合ってくれたり、家事を上手く進めるコツや、子供の進学先やお勧めの習いごとを教えてくれる主婦仲間は大事な友達です。

しかし主婦仲間や近所の友達に不倫デートを目撃されてしまうと、それまで通りではいられなくなってしまいます。
ご近所で噂を立てられて、ひそひそと陰口を言われて、もう友達と一緒にはいられないし、家族に申し訳ないと思うでしょう。

引っ越しを迫られ、友達を失ったことで、恋人と付き合い通けるテンションを無くしてしまいます。

恋人が好きだけど家族とも別れられない…どうにも動けない板挟みの状態

不倫恋愛で身動きが取れないほど泥沼になってしまうのは、「恋人のことが好きだけど、家族も失えない」という板挟みの状態になってしまった場合もあります。

恋人のことが大好きだから、家族とはサヨナラする!とすぐに決意出来れば良いのですが、「夫の収入と支えなければ生活出来ない」「生まれたばかりの子供と離れたくない」など、様々な理由があって離婚を決意出来ない時、どうしようも出来なくて苦しいと案じます。

不倫と恋愛の両立は決して簡単ではありませんが、不倫相手と家族、どちらも大切にし続けることが出来れば、いつか気持ちの整理がつくはずです。

恋人が「別れたい」って言っているけど、別れられない!彼を手放せない鬼気迫る執着心

「家族を失うわけにはいかない、恋人のことがどんなに好きでも、これは今だけの秘密の恋」そう思って始めたはずの不倫なのに、気が付けば自分でも止められないくらい、彼への執着が深まってしまっていた。

自分の愛情が重すぎて恋人が引いてしまい、「別れたい」と言ってきたけれど、自分はそうはいかない、もう彼と離れるなんて考えられない!という状態になると、もう泥沼です。

こうなると、もう一度恋人の愛情を取り戻すか、なんとかして恋人への愛情を自分が落ち着かせるか、のどちらかしかありません。
恋に夢中になり過ぎている時は、「冷却期間」を作りましょう。

落ち着いて、これ以上泥沼に進まない方向を考えて下さいね。

最悪!気が緩み過ぎて自宅でセックス、家族に目撃された

初めのうちは絶対に不倫バレしないように気を付けていたのに、不倫期間が長くなるとつい気が緩んで、ホテルに行くとお金もかかるし…ということで自宅に不倫相手を呼んでセックスしてしまうカップルが居ます。

普段家族と過ごしている場所で恋人と抱き合うことは最高のスリルと背徳感、快感を得られるでしょうが、帰りが遅くなると言っていたはずの夫が突然帰って来たら…。

まさに天国から地獄に突き落とされる、不幸な出来事です。
もはや言い訳をせずに、誠心誠意夫に謝罪するしかないでしょう。

不倫中の主婦、家族との接し方はどうするべき?

不倫中の主婦は、つい恋人に夢中になって家族との接し方が適当になってしまいがち。

どんなに恋人のことで頭がいっぱいでも、不倫バレを防ぐためにはそれまで通り家族と接しなければいけません。
家族に冷たくなったり、逆に不倫をしているという罪悪感から優しくし過ぎるのも怪しまれてしまう原因になります。

これまでと態度を変えないように、徹底的に心掛けて下さいね。

主婦が不倫で失敗しないための注意点

主婦が不倫で不幸のどん底に落ちないように注意したいことは、「無理をしない事」の一点に尽きます。

不倫相手に入れ込み過ぎず、不倫バレせずに付き合うことが出来れば、それほど不幸なことには絶対にならないはずです。
勿論、家族と別れる覚悟があるのであれば、不倫相手のことを強烈に愛して執着したり、不倫バレ覚悟で何度もデートを繰り返してもなんとかなるかもしれませんが、家族を失いたくないのであれば、そうはいきません。

恋人との関係を考える時に、「自分は今、無理なことをしようとしていないかな?」「自分自身に無理をしていないかな?」と一度振り返ってみる癖をつけて下さいね!

おわりに

主婦にとって不倫恋愛は、毎日の生活に潤いと、男性に愛される幸せを思い出させてくれる、本当に幸せで大切なものです。
それが、一歩間違って泥沼不倫になり、不幸になってしまうのは悲しい事。

最後まで「素敵な、良い思い出だった」と思えるような不倫恋愛をしたいですよね!
恋人のことだけではなく、自分と、自分の家庭も大切にしながら恋愛を楽しみましょう。